宿泊税、徴収しまっせ。注意でっせ。

Posted by: | Posted on: 8月 30, 2016
Share Button

何のお話をしようかなぁ・・・
いろんな旅行に関する情報を、日々チェックしているモリーです。
こんにちは。

迷ったあげく、今日は、宿泊税のお話しを。
宿泊税は、イタリア・フランス・スペインなど主にヨーロッパで徴収されていることが
多いですよね?ホテルなどの宿泊施設に滞在したら、ホテルのランクによって税金が
徴収されるものですね~。イタリアがはじめに徴収しだしたと、モリーは思ってましたが、
実は我ら母国、日本の東京では、2002年より宿泊税を実は徴収していてびっくりした感じです。
現在、東京都内のホテルで、宿泊代金は消費税抜きで1人1泊1万円以上は100円、
1万5千円以上は200円を徴収されちゃいます。

東京都いわく、宿泊税とは・・・・
国際都市東京の魅力を高めるとともに、観光振興のための事業、たとえば、旅行者に分かりやすい案内標識の整備、観光案内所の運営、観光情報の提供、観光プロモーションなどの経費に充てるため、東京都が独自に課税をする地方税(法定外目的税といいます)です
とのことです。
東京都が8月5日に公表した2015年度都税収入決算見込み額で、宿泊税収入が過去最高の
20億8千万円(前年同期比27.9%増)だったそうです。14年度の16億2千万円から大幅に伸び、
2年連続で過去最高を更新らしいです~。
そりぁ、訪日の外国人いっぱい増えましたもんね~。これで儲けたお金で、もっともっと
観光客の方が滞在しやすい東京を作っていってほしいですね。。。

そんな宿泊税徴収が、モリーが働いている大阪にもやってくるんやで~!!
来年2017年の1月から徴収がスタートするようです。
1人1泊10,000円未満           →徴収なし
1人1泊10,000円以上、15,000円未満→100円
1人1泊15,000円以上、20,000円未満→200円
1人1泊20,000円以上           →300円

みなさま、来年以降、大阪にご出張の際はご注意くださいませ。
大阪の国際都市としての発展のために使うと、大阪府は発表しているみたいなので
ぜひ期待しましょう!!!





Comments are Closed