バゲージタグ

Posted by: | Posted on: 2月 15, 2017
Share Button

こんにちは。お久しぶりの桃太郎🍑です。
ちょっと前のお話、ランチにラーメンを食べるため行列に並んでいたのですが、
お店の外にいくつもスーツケースが並んでました。
恐らく、関空からそのままこちらへきたであろう旅行者の人たちのもの。

バゲージタグがついたままだったので、ぼんやりと眺めてると
航空会社、便名、目的地、経由地、いろいろ書かれてますねぇ。
ちなみに、あのタグ一つで航空券番号や預けた時の重さまでいろいろ分かる
みたいですよ(←みなさんわりとご存知だと思いますが(笑))
ちなみにバゲージタグの小さいバーコードのシール(←この説明で伝わるかな。。)
荷物にペタペタ貼られる小さいシールのことです(笑)

あの小さいシールは持ち主が剥がさない限りそのままです。
すべて剥がした方がよいとか、剥がさなくても問題ないとか諸説あるようですが、
もしもバゲージタグがはがれた場合を考えて、こまめにシールは剥がした方がよさそうでです。。。
この際、紛らわしいのは剥がしておきましょう!

バゲージタグといえば、最近は電子タグ内蔵スーツケースなども販売されており、
どんどん便利になってきております。
例えば、リモワ。 ルフトハンザ航空アプリで利用可能です♪

タグ

利用の流れは、
航空会社のアプリとスーツケースの電子タグを連携(ペアリング)して、
オンラインによるチェックインと同時に、アプリ内の指定個所をワンクリックすると
手荷物情報が電子タグに送信される仕組みです。
スーツケースのデジタル画面に、手荷物のデータが表示されるので、
空港に到着したら、そのまま預け荷物のカウンターに預けることが可能となります!!

過去のWEEKLY NEWS、12月19日号にも書いておりますので、
是非そちらも見て下さいね~(*^_^*)

WEEKLY NEWSはこちら☟☟
http://www.wingmate.co.jp/script/travelinfo_business.php?id=192





Comments are Closed